東京23区・東地域のお得な情報満載のフリーペーパー「産経MAP」
ホーム
産経MAPとは?
バックナンバー
まごころ直送便
連載記事
産経MAPニュース
求人
産経新聞のお申し込み
産経MAP[産経マップとは?]
産経MAP[産経マップとは?]

【江東区】やさしいタッチの原画に触れ合ってみませんか?栗山邦正絵本原画展が開催中です!(4 月 14 日まで)

やさしいタッチの原画に触れ合ってみませんか?栗山邦正絵本原画展が開催中です!(4月14日まで)



亀戸生まれの画家・栗山邦正さんの世界に浸れる原画展
亀戸出身の画家・栗山邦正さん(1937 年~2006 年)の絵本原画展が、江東図書館(南砂 6)で 14 日(日)まで開催されています。今回の絵本原画展は、平成 29 年 4 月の開催に続き、2 回目の開催となります。前回開催時のアンケートで寄せられた「また開催してほしい」「他の絵も見てみたい」という声に後押しされ、前回よりも展示スペースを拡大して開催されることとなりました。
この原画展では全部で 58 点の原画と作品 8 冊が展示・閲覧可能となっています。原画は栗山夫人から図書館に寄贈されたもののほか、原画を所蔵している若山美術館(中央区銀座 2)から今回の展示にあわせ貸与されたものが展示されています。また、絵本自体はすでに書店では手に入らない作品も多くなっていることから、栗山さんの世界観を体感できる貴重な機会となっています。
「栗山さんの絵本の世界を知ってほしい」という思いのもと展示の用意を行い、単に原画を展示するのではなく、原画の下に絵本の本文をつける工夫がされており、まるで絵本を手にとって読み進めているような気持ちになれる展示となっています。
原画が本文とともに展示されている『ぼくにピアノがひけたら』『はこ』『えんとつ』の3作品は、本に掲載された絵を原画と見比べるという楽しみ方もできるため、原画ならではのやさしい筆のタッチや、一枚一枚の作品が放つ力強さを直に感じることができます。
また、切り絵で作成された『ジャズ』という絵本の出版過程で作成された作者用サンプルは、通常サンプルには使用しない原画がそのまま使用されており、大変貴重な展示となっています。この作品は、ジャズを聴いたときの気持ちやジャズで使われるピアノやトランペットなどのイメージが全て切り絵で表現されており、本では感じることができない紙の重なりの様子や切り絵ならではの温かみを感じることができます。


【栗山邦正(くりやま くにまさ)】
1937 年 亀戸生まれ。1959 年 日本大学芸術学部卒業。第 30 回毎日商業デザイン奨励賞、第 12 回観光ポスターコンクール入賞など受賞多数。京都市美術館、カンザス市美術館など、国内外の企画展に参加。1978 年以降、生まれ育った江東区の風物を主題に、毎冬、個展を開催。挿し絵の仕事に「下町小僧―東京下町昭和 30 年―」(なぎら健壱・著/筑摩書房)、「ぼくらは下町たんけん隊」(なぎら健壱・著/童心社)、「あんちゃんキライ!」(犬丸らん・文/くもん出版)。絵本の仕事に、「えんとつ」(犬丸らん・作/講談社)、「はこ」(徳間書店)などがある。2006 年没。


【開催概要】
展示期間:平成 31 年 3 月 23 日(土)~4 月 14 日(日) 会場:江東図書館 3 階展示コーナー(南砂 6-7-52) 料金:入場無料
開場時間:図書館の開館時間に同じ
月曜日~土曜日・・・午前 9 時~午後 8 時
日曜日、祝日・休日・・・午前 9 時~午後 7 時
その他:展示で紹介している書籍については貸出しも可能。


足立区・荒川区・江戸川区・板橋区・葛飾区・北区・江東区・墨田区・台東区の
産経新聞「7日間無料お試し読み」のお申し込みは
http://sankeimap.com/sankei/


>前のページに戻る

Copyright. 2017 産経MAP