東京23区・東地域のお得な情報満載のフリーペーパー「産経MAP」
ホーム
産経MAPとは?
バックナンバー
まごころ直送便
連載記事
産経MAPニュース
求人
産経新聞のお申し込み
産経MAP[産経マップとは?]
産経MAP[産経マップとは?]

【北区】~参集狐が除夜の鐘とともに初詣~ 歌川広重の浮世絵を再現「王子狐の行列」開催

~参集狐が除夜の鐘とともに初詣~歌川広重の浮世絵を再現「王子狐の行列」開催



12月31日(月)から平成31年1月1日(火・祝)にかけて、除夜の鐘とともに裃や着物姿の人たちが、お面やメイクで狐に扮し、装束稲荷神社(王子2-30-13)から王子稲荷神社(岸町1-12-26)までの約1kmを練り歩く「王子狐の行列」が行われる。
これは、歌川広重の浮世絵に描かれた世界観を再現し、子どもたちに地元の歴史や文化を伝え、街を盛り上げようと、地域住民により平成5年から始まったイベント。今回で26回目。
狐メイクやお面を被った参加者は、提灯をかざしながら行列を成し、子狐囃子の音と共におごそかに練り歩く。途中、王子稲荷神社から迎えに来た狐との「提灯交換の儀」も行われ、会場周辺は幻想的な空間に包まれ、毎年多くの見物客が訪れる。


代歌川広重の名所江戸百景「王子装束ゑの木 大晦日の狐火」の浮世絵では、その昔、王子には毎年大晦日の晩になると、各地のお稲荷さまの使者とされる狐が、狐火を灯して一本の大きな榎の下に集まり、装束を整え関東総司である王子稲荷神社に参詣したという言い伝えを描いている。近隣農家の人々は、その狐火の数によって翌年の田畑の豊凶を占ったという。
「王子狐の行列」は、この浮世絵と昔語りを現代に再現し、長年に渡り王子が育んできたふるさとの歴史と文化を子どもたちに伝え、街おこしに繋げようと地域の人たちの手によって平成5年から始まった。平成11年度には「地域づくり団体自治大臣表彰」を受賞し、今回で26回目となる。現在、装束稲荷神社周辺はすでに狐火に見立てた提灯が飾られ、幻想的な光で彩られている。


「王子狐の行列」への参加
<申込方法> 王子狐の行列公式ホームページの「参加お申込」から申込み
       【公式ホームページURL】http://kitsune.tokyo-oji.jp/
<定  員> 100名程度(先着順)
<費  用> 大人(高校生以上)1名につき1,000円
※中学生以下は無料。ただし、大人の参加者の同伴が必須。
<参加条件> 王子流の狐メイクもしくは狐面を着用し、和服を着る
※狐メイクはホームページを参考に自身で施すか、会場で有料の狐メイク(500円)を受ける


足立区・荒川区・江戸川区・板橋区・葛飾区・北区・江東区・墨田区・台東区の
産経新聞「7日間無料お試し読み」のお申し込みは
http://sankeimap.com/sankei/


>前のページに戻る

Copyright. 2017 産経MAP