東京23区・東地域のお得な情報満載のフリーペーパー「産経MAP」
ホーム
産経MAPとは?
バックナンバー
まごころ直送便
連載記事
産経MAPニュース
求人
産経新聞のお申し込み
産経MAP[産経マップとは?]
産経MAP[産経マップとは?]

【板橋区】板橋区の交流都市が大集合!海外姉妹友好都市紹介イベントを開催

板橋区の交流都市が大集合!海外姉妹友好都市紹介イベントを開催

日 時 平成30年12月10日(月)~12月28日(金) 9時~17時 ※土日祝除く
場 所 板橋区役所本庁舎(板橋区板橋2-66-1)



板橋区と友好関係を築いてきた5つの国や都市などを紹介する「海外姉妹友好都市紹介イベント」が、10日(月)から区役所本庁舎1階で始まった。28日(金)まで。本イベントは、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会公認プログラム」として認定されている。
 区はこれまで、(1)カナダ・バーリントン市(平成元年5月)、(2)マレーシア・ペナン植物園(同6年9月)、(3)モンゴル国・教育文化科学スポーツ省(同8年10月)、(4)中国北京市・石景山区(同9年10月)、(5)イタリア・ボローニャ市(同17年7月)の5都市とそれぞれ協定を締結し、産業や文化など様々な分野で交流を図ってきた。東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、東京2020大会)の開催を見据えて、これらの交流都市との更なる連携を深めるべく、「板橋区基本計画2025」では施策・組織横断的に協働・連携する“未来創造戦略”の一つに、東京2020大会を契機として異なる文化にふれる機会の拡充を図り、さらなる誘客を促進するという方向性を打ち出している。また「多文化共生まちづくり推進計画2020」においても、東京2020大会を踏まえた施策の展開を重点目標の一つに掲げている。
 今回のイベントは、これまで区が5つの国の海外姉妹友好都市等と友好関係を築いてきた強みを活かし、東京2020大会に向けて、友好都市等の文化・スポーツ等を広く区民へ紹介し機運を醸成していくとともに、外国の文化にふれる機会を提供し、多文化共生のまちづくりを推進すべく企画されたもの。区役所への来庁者をターゲットとして、区役所本庁舎1階区民イベントスペース、ギャラリーモール、レストランを活用し、海外姉妹友好都市等の文化・スポーツ等を紹介するほか、海外姉妹友好都市へメッセージが送れるコーナーを設置するなど、子どもから大人まで楽しめる内容となっている。

★比べてわかる!各都市の特徴 
各都市の特徴や交流のあゆみ等についてパネルや映像で紹介。海外姉妹友好都市に関連するスポーツや名物料理等、それぞれの国を比較できるのは、5都市を同時に紹介するイベントならでは。他にも、民族衣装の試着やイタリア絵本・熱帯植物など、実物も多数展示することで「見る」だけでなく体験もできるイベントとなっている。さらに、より多くの方にイベントを疑似体験してもらうため、会場の様子をGoogleストリートビューにて公開(http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/094/094273.html)。期間中に来場できない方も、まるで会場にいるかのような雰囲気を味わうことができる。

★レストランで各都市の名物料理をご賞味あれ!
期間中の10~14日は、区役所1階レストランで各都市をイメージした「日替わりフェア」も開催しており、マレーシアチキンカレーやモンゴル風ジンギスカン炒めなど世界の名物料理を味わうことができる(各日とも売り切れ次第終了)。

担当者は「今回のイベントをきっかけに、板橋区が国際交流を盛んに行っていることを広く知ってもらいたい。また、外国の文化に触れることによって、今度は日本や板橋の文化を海外に発信したいという気持ちを盛り上げ、ひいては東京2020大会への参加意欲が高まることを期待する。」と話す。


足立区・荒川区・江戸川区・板橋区・葛飾区・北区・江東区・墨田区・台東区の
産経新聞「7日間無料お試し読み」のお申し込みは
http://sankeimap.com/sankei/


>前のページに戻る

Copyright. 2017 産経MAP