東京23区・東地域のお得な情報満載のフリーペーパー「産経MAP」
ホーム
産経MAPとは?
バックナンバー
まごころ直送便
連載記事
産経MAPニュース
求人
産経新聞のお申し込み
産経MAP[産経マップとは?]
産経MAP[産経マップとは?]

【墨田区】~赤穂義士討ち入りの舞台となった墨田区で、忠臣蔵ゆかりの7都市がPR!~ 企画展『忠臣蔵ゆかりの自治体展』が開催中!

~赤穂義士討ち入りの舞台となった墨田区で、忠臣蔵ゆかりの7都市がPR!~企画展『忠臣蔵ゆかりの自治体展』が開催中!



現在、元禄15年(1702)赤穂義士が吉良邸に討ち入った12月14日を前に、JR両国駅「-両国-江戸NOREN」1階で、企画展「忠臣蔵ゆかりの自治体展」を開催している。
これは、墨田区をはじめ、忠臣蔵とゆかりの深い都市【茨城県笠間市・兵庫県赤穂市・兵庫県加東市・兵庫県加西市・兵庫県篠山(ささやま)市・広島県三次(みよし)市】が集まり、各都市の魅力や“忠臣蔵との関連”を広く知ってもらおうと開催しているもので、今回で7回目。会場では、忠臣蔵の世界を堪能してもらおうと、忠臣蔵の一連の事件を紹介したパネルを展示。四十七士の墓がある兵庫県赤穂市、浅野内匠頭の曽祖父(長重)と祖父(長直)が2代続いて笠間藩主となった笠間市、浅野内匠頭の妻・阿久利の生誕地である広島県三次市など、各自治体と“忠臣蔵との関わり”をパネルで紹介。 
さらに、黒豆煮や饅頭、どら焼きといった各自治体の特産品を即売。また、会場には実物大の大名籠も展示してあり、中に入ることもできるほか、赤穂藩家老大石蔵助良雄と高家肝煎吉良上野介義央のパネルも展示してあり、顔をはめて記念撮影することができる。忠臣蔵の世界をより深く堪能ができる本展示・特産品の即売は、16日(日)午後5時まで開催する。
今後、12月8日(土)・9日(日)午前9時~午後5時には本所松坂町公園(吉良上野介屋敷跡)周辺にて、「吉良祭・元禄市」が開催されるほか、14日(金)午前10時~同公園で義士祭が行われる予定。


<墨田区と忠臣蔵について>
元禄太平の世を揺るがせた大事件「元禄赤穂事件」は、「忠臣蔵」の名で数々の演劇や小説等の題材として取り上げられ、今なお根強い人気を誇っている。墨田区は、この忠臣蔵の赤穂義士討入りの舞台となった吉良邸のあった場所で、区では跡地の一部を「区立本所松坂町公園」(両国三丁目13番・97.56㎡)として保存・管理を行っている。この他にも、区内には赤穂義士、大高源五の句碑や前原伊助・堀部安兵衛・杉野十平次の借宅などゆかりの地が多く、深い関わりがある。


<忠臣蔵関連イベント>
○吉良祭・元禄市
 とき:平成30年12月8日(土)・9日(日)午前9時~午後5時
 場所:本所松坂町公園(吉良上野介屋敷跡)周辺(墨田区両国3-13-9)
 内容:吉良上野介と家臣の供養、衣料品・食料品などの出店
○忠臣蔵イベント
 とき:平成30年12月8日(土)・9日(日)午前9時~午後4時
 場所:本所松坂町公園(吉良上野介屋敷跡)周辺(墨田区両国3-13-9)
 墨田区観光協会による観光PRコーナーのほか、ちゃんこ屋台、和太鼓演奏、相撲甚句などを実施
○義士茶会
 とき:平成30年12月9日(日)午前11時~午後3時半
 場所:回向院(両国2-8-10)
 茶の湯接待が行われ、お茶菓子とともに江戸の茶道文化を味わうことができる
○義士祭
 とき:平成30年12月14日(金)午前 ※時間の詳細は問合せ先へ
 場所:本所松坂町公園(吉良上野介屋敷跡)周辺(墨田区両国3-13-9)


足立区・荒川区・江戸川区・板橋区・葛飾区・北区・江東区・墨田区・台東区の
産経新聞「7日間無料お試し読み」のお申し込みは
http://sankeimap.com/sankei/


>前のページに戻る

Copyright. 2017 産経MAP