東京23区・東地域のお得な情報満載のフリーペーパー「産経MAP」
ホーム
産経MAPとは?
バックナンバー
まごころ直送便
連載記事
産経MAPニュース
求人
産経新聞のお申し込み
産経MAP[産経マップとは?]
産経MAP[産経マップとは?]

【北区】~江戸情緒あふれる幻想的な紅葉~ 初開催!音無親水公園 紅葉ライトアップ

~江戸情緒あふれる幻想的な紅葉~初開催!音無親水公園 紅葉ライトアップ



11月16日(金)から、音無親水公園(王子本町1-1-1)で「紅葉ライトアップ」が始まる。12月16日(日)まで。午後4時から9時。入園無料。
これは、「日本の都市公園百選*1」に選定されている同公園の魅力をより多くの人々に周知することを目的とした初開催のイベント。園内では、モミジやケヤキなどの紅葉をはじめ、石組みや真上に架かる音無橋が鮮やかに照らされ、情緒ある空間を幻想的に演出する。


「音無親水公園 紅葉ライトアップ」は、(一社)東京北区観光協会(会長:大前孝太郎)が主催し、東京都が行う「平成30年度東京都秋のライトアップモデル事業」に採択されたイベント。本年春に開催した桜ライトアップが好評を得たことに引き続き、秋の紅葉バージョンを初開催する。
 石神井川は、別名『音無川』として親しまれた景勝地で、江戸時代の浮世絵にも数多く描かれている。現在は戦後の改修工事でJR王子駅近くは旧流路となった。音無親水公園は、この川を再現した公園で、春は桜、秋は紅葉のトンネルと石畳、水車、木橋が醸し出す情緒的な空間を一目見ようと、毎年多くの人々が訪れる。昼間の紅葉はさることながら、今回、ライトアップを実施することで、一味違った晩秋の美しさを区の新たな魅力としてPRしていく。
ライトアップでは、石神井川の旧流路に架かる音無橋を挟んだ落葉樹を中心に計41基のLEDライトを設置。また、同公園の真上に存在感を示す音無橋をライトアップすることで、紅葉とのコントラストの美しさを強調するなど、情緒ある空間を幻想的に引き立てる。
 

<開催期間> 11月16日(金)~12月16日(日)午後4時~9時  
<場  所> 音無親水公園(王子本町1-1-1) 
       JR京浜東北線「王子駅」北口徒歩1分/東京メトロ南北線「王子駅」3番出口徒歩1分
<入 園 料> 無料


*1 日本の都市公園百選
公園に対する愛護の精神を高め、整備を推進するために、緑の文明学会と社団法人日本公園緑地協会が1989年に選定した100か所の日本の都市公園。都内では、音無親水公園のほか、国営昭和記念公園、日比谷公園、上野公園、水元公園、代々木公園が選ばれている。


足立区・荒川区・江戸川区・板橋区・葛飾区・北区・江東区・墨田区・台東区の
産経新聞「7日間無料お試し読み」のお申し込みは
http://sankeimap.com/sankei/


>前のページに戻る

Copyright. 2017 産経MAP