東京23区・東地域のお得な情報満載のフリーペーパー「産経MAP」
ホーム
産経MAPとは?
バックナンバー
まごころ直送便
連載記事
産経MAPニュース
求人
産経新聞のお申し込み
産経MAP[産経マップとは?]
産経MAP[産経マップとは?]

【板橋区】企画展「守りたい!助けたい!絶滅危惧種」 ~期間中18日(日)には、熱帯環境植物館にケープペンギンがやってくる~

企画展「守りたい!助けたい!絶滅危惧種」
~期間中18日(日)には、熱帯環境植物館にケープペンギンがやってくる~

日 時 平成30年11月3日(土)~平成30年11月25日(日) 午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
場 所 板橋区立熱帯環境植物館 (板橋区高島平八丁目29番2号)
    都営地下鉄三田線「高島平」駅から徒歩7分
主 催 板橋区立熱帯環境植物館




主に水辺の生物を中心に絶滅危惧種を紹介する企画展「守りたい!助けたい!絶滅危惧種」が、11月3日(土)より、板橋区立熱帯環境植物館(板橋区高島平八丁目)で始まる。11月25日(日)まで(月曜休館。ただし、祝日の場合は開館し翌日休館)。入館料は一般260円、小・中学生及び65歳以上130円、未就学児無料。毎週土曜・日曜は小・中学生無料。
 生息地の破壊や地球の気候変動の影響を受け、世界中で様々な生物が絶滅の危機に瀕している。今回の展示は、そうした絶滅危惧種について知ってもらおうと企画されたもので、主に水辺の生物を中心に生体や標本、パネルを用いた展示を行う。絶滅危惧種は、東京都・日本・世界・ねったいかんの4つに分類して紹介する。「世界の絶滅危惧種たち」では、日本ではペットとして親しまれていても、原産地では絶滅の危機に瀕している『ウーパールーパー』や『スッポンモドキ』など、IUCN(国際自然保護連合)レッドリストの中の身近な生物を展示。また「ねったいかんの絶滅危惧種たち」では、館内で常設展示しているテッポウウオやキイロサンゴハゼなど、絶滅危惧種・準絶滅危惧種をパネルで紹介し、実際の展示場所を案内する仕組みとなっている。



<期間中の催し>
★ケープペンギンがやってくる 11月18日(日)
同企画展の関連イベントとして、横浜・八景島シーパラダイスから絶滅危惧種のケープペンギンを招き、普段なかなか見ることのできないペンギンを間近で観察できる「ケープペンギンがやってくる」が開催される。午前11時30分、午後1時30分、午後3時からの3回、各20分間、飼育係の説明とともに公開が行われる予定であり、定員は各回100名(先着順)。


★講演会「絶滅危惧種のおはなし」 11月23日(祝) 14時30分~15時30分
東京や日本の絶滅危惧種について、その保全や現状についてわかりやすく解説する。定員50人(先着順)。


★絶滅危惧種たちのごはんの時間 期間中毎日14時~14時15分
展示室の生物たちにえさを与えながら、その種が置かれている現状を説明する。


足立区・荒川区・江戸川区・板橋区・葛飾区・北区・江東区・墨田区・台東区の
産経新聞「7日間無料お試し読み」のお申し込みは
http://sankeimap.com/sankei/


>前のページに戻る

Copyright. 2017 産経MAP