東京23区・東地域のお得な情報満載のフリーペーパー「産経MAP」
ホーム
産経MAPとは?
バックナンバー
まごころ直送便
連載記事
産経MAPニュース
求人
産経新聞のお申し込み
産経MAP[産経マップとは?]
産経MAP[産経マップとは?]

【北区】~晩夏の王子に“狐”たちが参集~ 「王子狐の夕すず美(み)2018」開催

~晩夏の王子に“狐”たちが参集~「王子狐の夕すず美(み)2018」開催



9月8日(土)、区立音無親水公園(王子本町1-1-1先)で「王子狐の夕すず美2018」(主催:王子狐の夕すず美2018実行委員会)が開催される。今回で13回目。
これは、「『浮世絵』と『狐』がつくる懐かしい未来のまち」をテーマに、王子を狐で盛り上げようと、北区を拠点に活動する芸能団体などでつくる実行委員会が開催するイベント。
参加者は、和装になって狐の面や狐メイクを施すなどして「参集狐」と呼ばれる狐に化けた後、名主の滝公園(岸町1-15-25)に集まり、王子稲荷神社(岸町1-12-26)など各経由地でパフォーマンスをしながら、音無親水公園まで賑やかに練り歩く。到着後、出店で賑わう同公園内に設けられた演芸会場で「参集狐」を迎え、参加団体が王子にまつわる講談や昭和歌謡演奏のステージなどで「参集狐」をもてなす。
午後2時~7時予定。参加費は1000円(中学生以下200円)。午後5時からの演芸の入場料は500円(和装の方は300円)。


このイベントは、北区の歴史薫るロケーションと王子に伝わる狐の物語を活かして、何か面白い催しをしたいとの想いから開催されたもの。地域の人達の協力のもと、今年で第13回目を迎える。毎年、多くの方に参加してもらい個性的な狐「参集狐」が集まる。実行委員会事務局の橋本弥寿子さんは「王子の伝統を地域内外の方と共有していきながら、1つの目安として東京オリンピックパラリンピックが始まる2020年の第15回開催を目指します」と熱い想いを語ってくれた。


<開催日時> 9月8日(土)午後2時~7時(予定)
<会  場> 区立音無親水公園(王子本町1-1-1)JR王子駅北口徒歩1分
<参加方法> ①名前 ②年齢 ③電話番号 ④メールアドレスを記入の上、以下へ申込み
       株式会社橋本新企画 メール:t2oji@yahoo.co.jp FAX:03-4291-7725
       締切8/31(金)済み
当日は、音無親水公園で狐面か狐メイクで和装し(衣装は各自持参)、午後2時までに名主の滝公園(岸町1-15-25)に集合
<参 加 費> 参集狐1000円(中学生以下200円)参加者以外の演芸会場への入場料は500円(和装の方は300円)
<主  催>  王子狐の夕すず美実行委員会(王子狐のミュージカルの会、王子狐の里伝承観光舎、株式会社橋本新企画)
<後  援>  北区教育委員会、北区市民活動推進機構、北区社会福祉協議会
<協  力>  Tagen DINING CAFE、認定NPO法人みんなの夢の音楽隊


<当日のスケジュール>
14時00分~
●音無親水公園の出店がオープン(扇屋(玉子焼き)、幸寿司など)
●夕涼み狐の参集(狐の和装をした参加者のパレード)
14時00分:集合     
14時40分:名主の滝公園を出発
      15時00分:王子稲荷神社参拝・見物
      16時00分:装束稲荷神社~王子駅前
16時45分:音無親水公園に到着
17時00分~
●演芸
講談 田辺いちか
昭和歌謡 おもひでロマンチカ
お狐合唱隊(ミュージカルナンバー)など
19時00分  イベント終了予定

<参考>
名所江戸百景「王子装束ゑの木 大晦日の狐火」
その昔、王子には毎年大晦日の晩になると、関東一円のお稲荷さまの使者とされる狐が一本の大きな榎の木の下に集まり、装束を整え関東総司である王子稲荷神社に参詣したという言い伝えを描いている。人々は狐たちが灯す狐火の多少によって翌年の田畑の豊凶を占ったという。


足立区・荒川区・江戸川区・板橋区・葛飾区・北区・江東区・墨田区・台東区の
産経新聞「7日間無料お試し読み」のお申し込みは
http://sankeimap.com/sankei/


>前のページに戻る

Copyright. 2017 産経MAP